Toon Boom Animationは、
2019年10月1日付で日本国内のソフト販売価格を改定しました。

 
 

ビデオコンテ / 絵コンテ制作なら

Storyboard Proを購入する

デジタル作画 / カットアウトなら

Harmonyを購入する
 
 

Toon Boomは今年、本格的に日本での営業活動を開始し、
ビデオコンテや絵コンテを制作するためのソフト『Storyboard Pro』と、
アニメを制作するためのソフト『Harmony』の魅力を、日本国内で発信してきました。

様々なスタジオやクリエイターさんにお話を伺う中で、
日本でもToon Boom製品に対する需要が高まりつつあることを日々実感しています。
その中のいくつかの事例として、これまでにもToon Boomブログでは何名かのクリエイターの方々にインタビューさせていただきました。

新海誠監督インタビュー記事(Storyboard Proユーザー)
石田祐康監督インタビュー記事(Storyboard Proユーザー)
MAD HOUSEインタビュー記事(Storyboard Proユーザー)
伊藤智彦監督インタビュー記事(Storyboard Proユーザー)
瀬下寛之監督インタビュー動画(Harmonyユーザー)
OLMインタビュー記事(Harmonyユーザー)


私たちは「もっと多くの方に、Toon Boom製品の良さを知っていただきたい!」そう思っています。
そこで今回、日本の皆様にソフトをもっとお使いいただけるよう、日本での販売価格を改定いたしました。
この価格改定により、日本国内で販売する弊社の製品は全て、従来の国内価格から約20%引きとなります。

Japan Price Change

少し買いやすくなったToon Boomのソフトウェアについてもう少し詳しく知りたい方は、
まずは是非Storyboard Proの製品ページと、Harmonyの製品ページをご覧ください。

そして、もし購入を検討される方は、次のリンクからお買い求めください。

 

ビデオコンテ / 絵コンテ制作なら

Storyboard Proを購入する

デジタル作画 / カットアウトなら

Harmonyを購入する